賑わう花火大会

一年を楽しもう

賑わう花火大会

毎年7月、8月には全国各地で花火大会が催され、規模の大小に関わらず多くの人が楽しみにしているでしょう。
関東では隅田川の花火大会が、関西では淀川の花火大会が有名ですがその他にも有名なものは数多くありますし、花火は日本の夏に欠かせない風物詩だと言えるでしょう。

花火大会では数多くの花火が打ち上げられ、バリエーションも豊かですからできるだけ良い場所で観たいと考える人たちが場所取りに勤しんでいる姿をよく目にします。
良い場所で観たいと思っている人はかなり前から場所を確保しなければならないことも少なくありませんから、早めに会場に行くことをおすすめします。
また、トラブルを避ける意味でも場所取りの際には交代で人がいるようにしておきましょう。
そして譲り合いの精神を持って、周辺の人の邪魔にならないように注意して下さい。

花火大会は花火の他にも多くの出店が出ており、たこやきや焼きそばなどの食べ物から的当てや型抜きなどのゲームも楽しむことができます。


お祭りの屋台は全国行脚

近頃ではあまり見かけなくなったのかもしれませんが、神社やお寺のお祭りの日には、参道の両脇に所狭しと、毎年お馴染みの屋台が連なって賑わうものです。
このお祭りの屋台を引いている人は、いわゆる的屋と呼ばれており、年始から年末までほぼ一年中旅暮らしです。
というのも各所で毎年行われているお祭りの日は大体決まっているのであり、その年間スケジュールに従って、あるいは車で寝泊りもしつつ全国を移動しているのです。
これも江戸時代頃から続く縁日の風景ではありますが、最近は数が減ってきているようです。
というのも的屋稼業は、日銭を稼ぐしかないため生活が不安定で、後継者があまり育ちません。
そして一昔前であれば珍しかった屋台の食べ物や遊びも、最近は街角や駅のショッピングモールで代用できてしまいます。
事実、たこ焼きやお好み焼き、あるいはたい焼きなどは根強い人気を誇り、それぞれの店の味を提供する小さな店舗があちこちにできて、休日などはお客さんが行列を作って賑わいます。
もっとも数が減ったとはいえ、幾分は流行にも左右されています。
金魚すくいに射的などの昔ながらの遊びの傍ら、アイドルのブロマイドを売る店には人だかりです。
大人がビール片手に唐揚げやおでんをちょっと摘まんで休憩所で一杯やっている風景の隣には、バナナやイチゴをチョコレートに漬けたおやつが串に刺して並んでいます。
あるいはキャラクターのぬいぐるみも時代の移り変わりを物語っているのです。

pickup

3Dプリンター
http://www.3dprinter.co.jp/
中古良品自転車
http://www.cypara.com/
町田 美容院
http://www.doublehairdesign.biz/
整体 学校
http://www.kenyukan.co.jp/
六本木の人気ネイルサロン
http://florir-nail.com/